軍艦島をストリートビュー

インターネット検索大手の米グーグルが、世界遺産登録を目指している長崎市沖の無人島、端島はしま(通称・軍艦島)の内部を撮影したパノラマ画像の公開を始め、人気を集めている。

 画像は同社の無料地図サービス「ストリートビュー」で公開。通常、画像の撮影はカメラを搭載した車両を使って行うが、島内では車の乗り入れができないため、スタッフがトレッカーと呼ばれるバックパック型の機材を背負って撮影した。

 撮影には島を管理している長崎市も「大きな宣伝効果がある」と全面的に協力した。スタッフの立ち入りを認め、6月4日に約2時間かけて撮影が行われた。

 画像では、旧産炭地で一時は5000人以上が暮らしながらも、1974年の閉山以降は無人となった集合住宅の室内も映し出した。朽ちた木製のサッシや、さびて開いたままの冷蔵庫なども見ることができる。

 6月末に画像が公開されると、直後から、簡易投稿サイト「ツイッター」などで話題になり、瞬く間に情報が広がった。昨年公開された映画「007 スカイフォール」で軍艦島をイメージした島が登場したことなどもあり、海外のオンラインメディアでも紹介され、国内外で評判になった。

 ストリートビューの撮影風景を撮影した2分40秒の動画も同月末に公開されているが、こちらは8月14日までに再生回数が90万回を超えている。動画には「行ってみたい」「神秘的」「朽ちていくものの美」といったコメントが国内外から寄せられており、関心の高さをうかがわせている。

軍艦島ストリートビュー

ストリートビュー撮影風景

当方も軍艦島出身ですが、
閉山後荒廃していく故郷を見たくないと思っていた。
それは
初恋の人は昔のままのイメージで残したいのと同じ感覚
ここ数年は生きてる内にこの目に残しておきたいと思う気持ちが強くなってきた。
しかし、
このストリートビューで現在の島内を見てしまうと
あまりの酷さにその気持ちも萎えてしまった。
秋には端島の同窓会で上陸の計画もあるが、
二の足を踏んでしまいそうだ。

軍艦島写真展

ナガサキピースミュージアム(長崎市松が枝町)で4月3日、写真展「軍艦島 記憶の中で生き続けるものたちへ」が始まった。主催はNPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」。

日時:場所
2004年4月3日より22日までピースミュジアム

 今年、同会が発足10周年を迎えたことを記念して、炭鉱で栄えた同島の生活を今に伝えようと当時の写真約60点と模型などの展示を企画したもの。長崎港から南西19キロメートル沖合に浮かぶ通称「軍艦島」こと端島は明治時代に炭鉱の島として整備され、最盛期の1960年には約5000人が生活していたが、1974(昭和49)年に炭鉱が閉山された後は無人島となり、以来一般の上陸は禁止されていた。

 ところが日本初の鉄筋コンクリート造りの30号棟などが島内に現存することなどから、2009年に世界遺産暫定リストに掲載され、同年4月より開始された上陸ツアーは、2011年10月には約20万人が上陸し、長崎の新たな観光資源として最近では修学旅行にも組み込まれている。

 今回展示されている模型は30号棟をはじめ同島最大のアパート65号棟、プールで泳ぐ子どもたち、炭鉱で使われたトロッコ、ドルフィン桟橋、神社、お寺などを再現。同会理事長で上陸ツアーのガイドとしても活動する坂本道徳さんは、小学校6年から高校生まで端島で生活し、大学進学後も閉山時まで両親の住んでいた端島は故郷そのものだと振り返る。

 「写真に加え150分の1の模型を見ることで私たちの記憶の中に生きる炭鉱の島のにぎわいを少しでも感じてもらいたい。現在のがれきに埋もれた島の姿と対比しながら、単なる廃虚ではなく、たくさんの人々の営みが島の中にあったことを知ってほしい」と坂本さんは企画展への思いを話す。

 画家・藤城清治さんが描く軍艦島や長崎市内在住のイラストレーター・江島達也さんの作品5点と、カメラマン・八木拓也さんの作品4点も展示している。

開館時間は9時30分〜17時30分。入館無料。4月22日まで(9日・16日は休館)

仲里依紗とでんでらりゅうばの関係 

でんでらりゅうばは出られん歌やけど、全国区に出たとばい。 

仲里依紗と川口春奈 二人とも長崎の出身だったとは知らなかった。





きびる も通じませんでした。
標準語と思っていた言葉が通じない事は地方の人間には小さなカルチャーショックですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。