桃カステラって何?

桃は中国で古くから長寿の縁起物とされており、点心にも「寿桃」や「桃包」と呼ばれる、桃をかたちどった餡入り蒸し饅頭がある。
桃カステラは、長崎の郷土菓子であるカステラをベースにしてそれを模した物です。



喜びの日に一層の華やぎを添える、長崎だけの縁起菓子桃カステラ (大)3個入り 【送料早割】

桃カステラ よくあるご質問
Q.桃の風味はしますか?
A.桃の風味はしません。果肉や果汁も使用しておりません。桃カステラは桃の形をしたカステラ台の祝菓子です。

Q.上の白い部分は何ですか?
A.すり蜜(フォンダン)です。葉と枝はねりきり(餡)でつくっています。

Q.普通のカステラよりしっとりしていないのはなぜですか?
A.カステラは糖分が多いほどよりしっとり感が増します。
上部分がすり蜜の桃カステラは、すり蜜とカステラ部分を合わせて食べたときに丁度よい甘さ加減になる ように、カステラ生地の砂糖の分量をおさえています。
糖分をおさえてあるので普通のカステラよりしっとり感が劣るのはやむをえません。


Q.甘さ控えめの桃カステラを作ってもらえませんか?
A.上部分が砂糖のかたまりのすり蜜ですから、カステラ生地は砂糖の分量をおさえてつくっていますが、やはり甘すぎるとのご意見もございます。
すり蜜をホワイトチョコなど他のものにかえる工夫をしてはどうかとのご意見もいただきますが、伝統菓子なので、あまり現代風にすることを止めて、昔のままにつくっています。

Q.節句以外の贈り物にも使えますか?
A.長崎では初節句や出産の内祝い(お祝いのお返し)として用いられて来ましたが、近年では結婚式の引き菓子やご長寿のお祝い、ご卒業・ご入学のお祝いなど、縁起物として幅広くお使いいただいております。



仲里依紗とでんでらりゅうばの関係 

でんでらりゅうばは出られん歌やけど、全国区に出たとばい。 

仲里依紗と川口春奈 二人とも長崎の出身だったとは知らなかった。





きびる も通じませんでした。
標準語と思っていた言葉が通じない事は地方の人間には小さなカルチャーショックですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。