世界遺産をめざす軍艦島で構造物などの劣化状況を調べる現地調査

 1974年に炭鉱が閉山されて無人島になった長崎市の軍艦島(正式名・端島)で、建物の傷み具合を日本建築学会が調べている。島を含む「九州・山口の近代化産業遺産群」の世界遺産登録に向けて、市が依頼した。

 2日の現地調査の様子を報道陣に公開した。建築学会のワーキンググループ約30人は10月29日から現地入り。1916〜70年に建てられた建物のコンクリートのサンプルや飛来する塩分の濃度、鉄骨の腐食状況などを3日まで調べる予定。コンクリートや鉄骨の状態を確かめ、劣化状態や保存する場合の方法を来年9月に市に提言する。

 ふだんは立ち入り禁止の区域内では、建物のひさしや壁がはがれ落ちたがれきがあちこちに転がる。壁のひび割れや鉄骨のさびも珍しくない。東京理科大の今本啓一准教授(建築材料学)は「いつ倒壊してもおかしくないイメージだ。ここまで傷んだ建物は他になく、貴重な研究資産だ」と話した。



http://youtu.be/ucrtom4CzZ0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。