It's now or never

It's now or never(今しかない)は長崎2区衆議院議員の福田衣里子さんの著書でもあり、彼女の信条でもある。

福田衣里子のプロフィール

福田衣里子のブログ

彼女の活動が最近TVなどで紹介され注目度も上がっている。
注目されればされるほど、同調する人、批判するする人たくさんの人に認識される。
そんな中で彼女の小沢民主党幹事長に直談判するあの強さや行動力はどこからくるのか知りたかった。

その強さの原点がこの著書で見えてきた。

幼少期や小中高そして大学休学してからのヨーロッパへの一人旅が第2章にあたるだろう。

第3章はC型肝炎の患者としての自覚と治療

第4章は実名公表にて薬害肝炎九州訴訟原告団代表

第5章は国会議員となり、この著書以降の現在の活動である。

今後は福田議員が求めている肝炎患者の全員救済そして薬害の撲滅に尽力されるのだと思う。

微力ながら後方支援をこのブログでもしていきたい。

最後に彼女の強さの根幹はどこにあるのか、どこで何で培われたものか?
それは第1章又は全章にわたり登場する両親の元に生まれたこと。

詳しくは著書を読んで感じてほしい。

It's now or never





軍艦島に上陸していた

古いパソコンのHDをUSBで接続して見ていたら、知人が故郷の軍艦島(端島・はしま)に上陸して取った写真の画像があった。

今は上陸でき、一部を見ることができるが、実際に見たいのはこの写真のような島いちばんの賑わいがあった通りであり、学校やアパート内部であり、当時の生活感が伝わる所だと思っている。

しかし安全上の問題で今現在は出来ないのはわかる。早く世界遺産に登録され整備保存され島内を自由に見て回れるようにしてほしい。

現在の上陸に掛かる費用が高い。県や市が半分位負担補助してもっとたくさんの人に見てもらいたい。

島いちばんの賑わいがあった通り
IMG_0001.jpg

神社から望む小中学校と体育館
IMG_0003.jpg
島には火葬場がなかったので、写真上の「中の島」に舟で渡って火葬していた。

木造屋根は弓道場
IMG_0004.jpg

弓道場の隣のアパート屋上には子ども会で田んぼを作っていた。雑草が生えているところが名残である。
IMG_0005.jpg
端島の別名は「軍艦島」の他「緑なき島」とも呼ばれていた。

※ここの写真は「軍艦島を世界遺産にする会」に寄贈されている

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

  

送料無料 DVD/ドキュメンタリー/軍艦島オデッセイ 〜廿世紀未来島を歩く〜/DVW-15
送料無料 DVD/ドキュメンタリー/軍艦島オデッセイ 〜廿世紀未来島を歩く〜/DVW-15           
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。