福山雅治が“音返し!”地元・長崎で最高の演出

やってくれましたね。マシャ 




ビッグNではスクリーンでコンサート中継を無料招待だけでも、嬉しいのにサプライズで球場に始球式に現れるとは…

夏休み最後のいい思い出が出来たのではないでしょうか。

30日(日)にもコンサートとビッグNのパブリックビューイングは行われますが、サプライズがあるのでしょうかね?

同じパフォーマンスはしないのではとおもいますが、楽しみですね。


歌手で俳優の福山雅治(40)さんが29日、出身地である長崎市の稲佐山公園で凱旋コンサート「夏の大創業祭 音返し!」を行った。デビュー20周年を迎え、地元に恩返しをしようと企画。会場から約5キロ離れた同市ビッグNスタジアム(長崎県営野球場)には県民を無料招待し、この模様を生中継。告知なく球場に登場するなど、心憎い演出の数々で故郷に錦を飾った。

 「ピッチャー福山。背番号40」。ウグイス嬢のアナウンスがビッグNスタジアムに響くと客席がどよめいた。スクリーンには「始球式」の文字。ユニホームを着た福山がマウンドに駆け上がると、悲鳴に似た歓声がわき起こった。

 小学5、6年の時、ソフトボールの経験があり、腕を風車のように回すウインドミル投法で投球。事前告知のない演出に観衆は総立ちで大喜び。福山は「ただいま帰ってきました。長崎史上最大にして最高のライブにする。皆さんの力を貸してほしい」と開幕宣言した。

 球場を後にすると約5キロ離れた稲佐山公園にヘリコプターで移動。開幕セレモニーから約15分後にステージに立った。今度は観客1万5000人を前に「長崎で生まれ18歳で上京したけど、生まれて初めて上空から長崎の街を見た」と笑顔。ヒット曲「HELLO」「18〜eighteen〜」など全26曲を披露し「こんなに背中を押してくれる人がいる。これからも自信を持って歩み続けたい」と抱負を語った。

 開催へ向け、地元のボランティア団体が昨年、県民約6万人分の署名を集めた。福山は「地元に恩返しがしたい」と、30日の公演と合わせて県民計5万人を球場に無料招待。開幕のサプライズ演出は、県民を思って急きょ盛り込んだ自身のアイデアだった。

 球場のグラウンドの中央に縦6メートル、横10メートルの巨大スクリーンを3台、内外野のスタンド席から見えるよう三角形を作るように設置。時折ヘリコプターが両会場を空撮し、カメラアングルが何度も切り替わる迫力満点の生中継。終盤には計約12万個の電球が両会場を彩り、最後に500発の花火が打ち上がった。「また会おう。バイバイ」。採算度外視のステージで、故郷にありったけの感謝の気持ちを伝えた。


《メール便選択可》【送料無料】福山雅治 / 残響(CD+DVD限定盤)

即納!■10%OFF+送料無料■スペシャル・エディション・特典ディスク付■劇場版 ガリレオ DVD【...







俳優:福山雅治さん愛飲酒として人気の芋焼酎 磨千貫俳優:福山雅治さん愛飲酒として人気の芋焼酎 磨千貫





精霊流しが終わり季節も移り行く

改めて、精霊流しとは
長崎県の各地でお盆に行なわれる、死者の魂を弔って送る行事のこと。

長崎市をはじめ、長崎県内各地でお盆に行われる伝統行事である。初盆を迎えた故人の家族らが、盆提灯や造花などで飾られた精霊船(しょうろうぶね)と呼ばれる船に故人の霊を乗せて、流し場と呼ばれる終着点まで運ぶ。

毎年8月15日の夕刻から開催され、爆竹の破裂音・鉦の音・掛け声が交錯する喧騒のなかで行われる。精霊船は山車を連想させる華美なものであり、見物客が集まる。「祭り」と誤解されることもあるが、あくまでも故人を追悼する仏教の行事である。

初盆でない場合は精霊船は作らず、わらを束ねた小さなこもに花や果物(供物)を包み、流し場に持っていく。精霊船や供物は、以前は実際に海へと流されていたが、長崎市では1871年(明治4年)に禁止された。精霊船も水に浮かぶような構造にはなっていない。現在でも島原市、西海市、松浦市、五島市などでは、実際に川面や海上に浮かべることもある。

長崎市には長崎くんちという祭りがあり、精霊船の造りはくんちの出しものの一つである曳物に似ている。 曳物は山車を引き回すことがパフォーマンスで行われており、精霊船をそれを真似て引き回すことが一部で行われている。郷土史家の越中哲也は長崎放送の録画中継の中で「難破船になるですばい」と毎年、出演の旅に「悪しき行為」と解説している。この行為は一般的には好ましい行為と見られておらず、警察も精霊船を回す行為には制止を行っている。

代表的な流し場である長崎市の大波止には、精霊船を解体する重機が置かれている。家族、親類らにより盆提灯や遺影、位牌など、家に持ち帰る品々が取り外され、船の担ぎ(曳き)手の合掌の中、その場で破壊される。遺族にとっては悲しい瞬間である。


精霊船


もやい船の印灯篭
もやい船の印灯篭jpg.jpg
精霊船は大きく2つに分けることができる。個人船と「もやい船」と呼ばれる自治会など地縁組織が合同で出す船である。個人で精霊船を流すのが一般的になったのは、戦後のことである。昭和30年代以前は「もやい船」が主流であり、個人で船を1艘つくるのは、富裕層に限られた。

もやい船、個人船に限らず「大きな船」「立派な船」を出すことが、ステータスと考えている人もいる。現代でも「もやい船」の伝統は息づいており、自治会で流す船のほか、病院や葬祭業者が音頭をとり流す船もある。また、人だけでなく、ペットのために流す船もある。

流し場までの列は家紋入りの提灯を持った喪主や、町の提灯を持った責任者を先頭に、長い竿の先に趣向を凝らした灯篭をつけた「印灯篭」と呼ばれる目印を持った若者、鉦、その後に、そろいの白の法被で決めた大人が数人がかりで担ぐ精霊船が続く(「担ぐ」といっても船の下に車輪をつけたものが多く、実際には「曳く」ことが多い)。

精霊流しは午後5時頃-10時過ぎまで掛かる事も珍しくない為、多くの船は明かりが灯るように制作されている。一般的な精霊船では提灯に電球を組み込み、船に積んだバッテリーで点灯させる。小型な船や一部の船ではロウソクを用いるが、振動により引火する危険があるため電球を用いる事が多い。また、数十メートルの大型な船では発電機を搭載する大がかりな物もある。

精霊船は「みよし」と呼ばれる舳先に家紋や苗字(○○家)、もやい船の場合は町名が書かれている。艦橋の部分には位牌と遺影、供花が飾られ、盆提灯で照らされる。仏様や観音様、お経を書いた帆がつけられることが多い。

印灯篭は船ごとに異なる。もやい船の場合はその町のシンボルになるものがデザインされている(例:町内に亀山社中跡がある自治会は坂本龍馬を描いている)。個人船の場合は家紋や故人の人柄を示すもの(例:将棋が好きだった人は将棋の駒、幼児の場合は好きだったアニメキャラなど)が描かれる。

船の大きさは様々で、全長1-2m程度のものから、長いもので船を何連も連ね20-50mに達するものまである。

精霊船の基本形は前述の通りであるが、近年では印灯篭の「遊び心」が船本体にも影響を及ぼし、船の形をなしていない、いわゆる「変わり精霊船」も数多く見られる(例:ヨット好きの故人→ヨット型、バスの運転士→西方浄土行の方向幕を掲げたバス型など)。


由来と爆竹


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。